洗顔料で皮脂を落とし過ぎないように。

合成界面活性剤入りの洗顔料

洗顔料には、合成界面活性剤が配合されているものがあります。
クレンジングオイルなどの液体系の洗顔料や洗顔ジェルの多くに合成界面活性剤が入っています。

界面活性剤には、天然界面活性剤と合成界面活性剤があります。
合成界面活性剤は全てのものが悪いわけではないのですが、
肌に悪い成分としては、石油系合成界面活性剤が挙げられます。

石油系合成界面活性剤が悪い点は、肌のバリア機能を壊してしまうことです。

肌のバリア機能には、一次バリアと二次バリアがあり、
一次バリアを担っているのが皮脂、そして二次バリアを担当しているのがセラミドを始めとする細胞間脂質です。

肌のバリア機能は肌にとって大変重要なものです。
バリア機能が壊れてしまえば、乾燥肌や敏感肌、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしかねません。

乾燥は肌にとって、防がなければいけない大きな敵です。
もし、肌が乾燥するなどの状態になったのなら、セラミド美容液などセラミドが配合された化粧品でケアすることが大切になります。